MENU

消費者金融で即日で借りる方法

思いがけない出費や支払いの機会が舞い込んできた時、もしも手持ちのお金が底をついていたなら、どこからか不足分のお金を調達しなければなりません。もちろん、親や兄弟、友人に借りるという手段もありますが、こう言った問題はすぐに借金トラブルとなって関係性を悪化させかねません。そんなリスクを回避してあくまで自己責任で用立てるためにも消費者金融の即日ローンはとても便利な手法と言えるでしょう。

 

借りやすい消費者金融には様々な借り入れ方法がありますが、とりわけキャッシングやカードローンは即日中にお金を捻出する意味でもとても頼り甲斐のある金融サービスです。キャッシングならば銀行の預金口座に希望額を一括振り込みしてもらうことができ、カードローンであれば個人カードを発行後、近場のATMからいつでも好きなタイミングで融資金を引き出すことが可能です。

 

これらの借り入れ方法を利用するには然るべき審査をクリアしなければなりません。即日中に融資を得たいのであれば郵送ではなく、ネットや電話、店舗窓口、自動契約機といったスピーディーな対応を可能とする窓口を活用することが求められます。とりわけ最近では深夜でも早朝でも利用可能なネット申請を活用する人が増えています。こう言った手法ならば、平日昼間の申請も最短30分で審査通過することができます。

 

また、カードローンの場合には自動契約機を使ってカード発行することで、それを手にして審査通過した瞬間から全国のATMにて借り入れが可能となるので即日中に不足額を捻出したい際にもぴったりです。提携コンビニの店内ATMを使えば24時間いつでも利用可能という点も大きなメリットと言えるでしょう。

消費者金融の利息について

消費者金融の利息は高いといったイメージがあります。利息は金利によって発生するものですが、金利は年率で表現されています。具体的に消費者金融の金利は年率4%前後から年率18%前後が相場とされています。

 

そもそも日本には金利の利率を定める法律が2つあります。ひとつは出資法で上限年率20%をこえる金利を設定した場合には刑事罰に処される厳しいものです。このため現在の日本では年率20%をこえる金利をとることは認められていません。一方で出資法以外には利息制限法があり、そこでは10万円以下が年率20%、10万円以上100万円以下が年率18%、100万円以上が年率15%を上限としています。利息制限法で上限利率をこえる金利は、無効とされ払い過ぎた金利として返還請求することができますし、業者も行政罰を受けることになります。このような背景から現在では利息制限法に則った金利が消費者金融では適用されています。

 

一方で金利は業者やサービスによって設定が変わってきます。例えばほとんどの消費者金融が上限を年率18%としていますが、プロミスでは上限金利を17.8%に設定していますし、学生ローンなどでは15%前後を設定しているところもあります。また100万円以上の融資枠を設定する場合には15%以下にする必要があるため、融資枠を増やせば自動的に金利が引き下げられます。またサービスとしてもアイフルのプレミアムカードローンでは、上限金利を9.5%としておりサービスによっては銀行並みの低金利での借り入れが可能です。